本文へスキップ
逮捕されたら少年事件・刑事事件に特化した弁護士が所属する日本橋淡青法律事務所へ

TEL. 03-6231-0762

〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町1-2-12
共同中央ビル5階52

刑事事件専門 弁護士中澤剛のblog

2014年2月7日

人につばを吐いたら暴行?・・・逮捕に強い東京の刑事事件専門弁護士中澤剛

author:弁護士 中澤 剛

1 先日、大阪で、男性が幼女に唾を吐いたということで、暴行罪で逮捕されたことがニュースになっていました。

人に唾を吐いたら、暴行罪なのでしょうか。

ふつう、私たちがイメージする暴行罪というのは、

誰かに殴りかかる、
蹴る、
髪の毛を引っ張る

などといった、危険な行為をイメージすると思います。

唾を吐かれても、いやな気持ち、不愉快な気持ちはするけれど、

それで「暴行」なのか?と思うのが、一般の感覚ではないでしょうか。

2 暴行とは,人の身体に対する不法な有形力の行使とされています。

そうだとしても,

①そもそも傷害の危険のない行為は,暴行といえるのか
②人の身体に対して接触しなくても,暴行といえるのか

という2点が問題とされています。

①の点に関して,判例は,傷害の危険は不要であるとしています。
人にツバを吐く行為が「暴行」に当たるとされるのも,その帰結なのです。
従って,現状では,人に唾を吐くと,暴行罪になるのです。
人に塩をかけたところ,それが暴行罪として処罰されたという判例もあります。
後掲のとおり,人にペンキをかける行為も,暴行罪として処罰されることになるでしょう。

3 以下は,上記の帰結に対する批判です。

そもそも暴行罪の保護法益が人の身体の安全であることからすると,
身体への危険のない行為を暴行として認めることは,保護法益論の見地から妥当でないように思われます。

佐伯仁志教授は,法学教室358号119頁以下「刑法各論の考え方・楽しみ方」において,例えば女性の臀部をその意に反して触る行為は暴行に当たらないとはいえないと述べておられますが,これは迷惑防止条例で処罰すべき事案であると思われます。また,強制わいせつ罪における暴行と刑法208条の暴行とが同一であるか大小関係にあることを前提とした議論であると思われます。

島田聡一郎教授は,「アクチュアル刑法各論41頁」において,他人の肌にいきなりペンキをかける行為について,「被害者の身体の不可侵性が害されており,処罰に値するように思われる」とされていますが,この島田教授の言葉からも明らかなとおり,ここでは,暴行罪の保護法益は,身体の安全ではなく「身体の不可侵性」へと拡張されているのです。
この島田教授の見解を前提にすると,例えば,誰かの肩に触れるだけでも身体の不可侵性が害されたとして暴行罪が成立しかねず,処罰範囲が無限定に広がり,妥当性を欠くように思われます。

4 百歩譲って,暴行の傷害の危険が不要であるという前提をとった場合でも,島田教授が前掲書で述べているとおり,傷害の危険がなく,かつ,被害者の身体への接触もない行為については,不可罰とするべきであると考えます。(島田教授は,前掲書において,接触の要否と,傷害の危険の有無を個別に検討するのではなく,総合的に検討しておられます。島田教授によれば,接触を不要とする判例が存在し,かつ,傷害の危険は不要であるとする判例も存在するが,傷害の危険がなく接触もない類型,つまり2の①②両方ともないという事案において暴行罪として処罰した判例は存在しないと述べておられます。この着眼点,分析は極めて優れていると思います。私には目からうろこでした)。

西田典之教授も,「刑法各論(第6版)40頁」において,傷害の危険を有していたが,たまたま傷害結果が生じなかった場合まで不可罰とすることは妥当でないとして,傷害の危険性の有無で暴行の成否を区別しておられます。ニュアンスは違いますが西田説の基本的な方向性は島田説と類似しているように思います。

判例の現状をふまえて,暴行概念の拡張に抵抗を試みるなら,島田説がもっとも依拠すべき参考となる学説であると思います。

5 なお,私は,人に唾をかける行為を処罰せずに放置せよと主張するものではありません。公然性がある場合には侮辱罪が成立し得ます。

・暴行と傷害の違いについては,こちらもご参照ください。

☆当ブログは,東京都内,千葉県内の刑事事件,少年事件に強い,日本橋淡青法律事務所が運営しております。
 


カテゴリー:刑事事件 comments(0) 12:44 AM 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

刑事事件・少年事件・逮捕に強い弁護士が所属する日本橋淡青法律事務所
にほんばしたんせい ほうりつじむしょ

〒103-0025
東京都中央区日本橋茅場町1-2-12
共同中央ビル5階52

TEL 03-6231-0762
FAX 03-6231-0763
逮捕されている方のご家族専用緊急連絡先:070-5588-0763