本文へスキップ
逮捕されたら少年事件・刑事事件に特化した弁護士が所属する日本橋淡青法律事務所へ

TEL. 03-6231-0762

〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町1-2-12
共同中央ビル5階52

刑事事件専門 弁護士中澤剛のblog

2014年3月13日

少年審判でした・・・逮捕に強い東京の刑事事件専門弁護士中澤剛

author:弁護士 中澤 剛

先日は少年審判でした。

無事に保護観察で終わり,身柄は釈放されました。

今後が勝負です。

少年審判後,少年のお母さんが,「もう二度とこんなところ(裁判所)に来たくない」とおっしゃっていました。

愛情を注いで20年弱を育ててきた子が,鑑別所に入ったり,少年審判を受けたり,というのは,親として耐えがたいことだと思います。

自分の子供が事件を起こしたという事実自体を受け止めることが難しいのに,感情の整理もつかないまま,少年審判に突入してしまう,ということもあります。

子供って,親の愛情というのがわからないのです。

言い古されたことかもしれませんが,私も,子供を持って,初めて,親のありがたみを実感としてわかりました。それまでは,言葉ではなんとなくわかっても,やはり全く分かっていなかった。

ありがたさっていうのは,その人が,自分を思ってくれる時間を理解して初めて実感するように思います。
例えば,プレゼントが嬉しいのは,そのプレゼントの物自体というよりも,プレゼントをくれる人が,何がいいかな?と考えながら,自分のためにプレゼントを選んでくれた,時間を費やしてくれた,その事実を想像するからありがたいような気がします。

 その基準で考えたら,親になってわかるのは,親というものが,自分に対して,どれだけいつも気にかけてくれたのかという事実です。(気にかけない日はないです)
 そのありがたさと言ったら,プレゼントどころではないです。
 
そういうことが,少年事件の少年って,分かっていないことが,多いのです。
(もちろん,愛情深い親ではないケースもありますが,私の感覚だと,少数です)

 少年事件では,そういうところにも少年に多少でも気づいてもらえたら,と思って取り組んでいます。

☆当ブログは,東京都内,千葉県内の刑事事件,少年事件に強い,日本橋淡青法律事務所が運営しております。


カテゴリー:少年事件 comments(0) 11:48 PM 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

刑事事件・少年事件・逮捕に強い弁護士が所属する日本橋淡青法律事務所
にほんばしたんせい ほうりつじむしょ

〒103-0025
東京都中央区日本橋茅場町1-2-12
共同中央ビル5階52

TEL 03-6231-0762
FAX 03-6231-0763
逮捕されている方のご家族専用緊急連絡先:070-5588-0763