本文へスキップ
逮捕されたら少年事件・刑事事件に特化した弁護士が所属する日本橋淡青法律事務所へ

TEL. 03-6231-0762

〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町1-2-12
共同中央ビル5階52

刑事事件専門 弁護士中澤剛のblog

2014年11月22日

逮捕に強い東京の刑事事件専門弁護士・・・少年審判

author:弁護士 中澤 剛

最近、少年事件が多いです。

先週から今週、来週までの3週間で、3つの少年審判があります。なかなか目が回ります。

身柄事件も多く、先週は、1日に少年、被疑者、被告人合計8人と接見(面会)した日もありました。自分史上、1日あたり接見数としては最高です。

昨日で、少年審判のうちの2個が終わり、少しホッとしている土曜日です。

「こんな素晴らしい親でも子供が一時はグレちゃうことがあるのか!」と衝撃を受けるような案件もありました。人間的に素晴らしくても、子育てに本当に正解はないですね。
自分自身未熟な一児の父として、とても恐ろしい気持ちです。

話変わりますが、少年事件は、大人と比べて未来があるから救いを感じます。
人生は大変だけれど、そして、少年の段階で大きな回り道になってしまったけれど、その重荷にくじけず、どうか未来を切り開いてほしいと思います。

逆にいうと、少年鑑別所とかに入る経験はなかなかできないので。
それを逆手にとってほしいですよね。
「昔は鑑別所に入ったけど、今はこう」みたいなサクセスストーリーはとてもキャッチーです!
将来の活躍を期待しています!!!

ところで、少年が逮捕されたりして、親に迷惑かけたとかいうけれど、
どういう意味で迷惑かわかってるのかな?と思うことあります。

親にとっては、子供が不幸になったり、苦しんだり、辛い人生を送ることが一番の苦痛です。子供が幸せになることが一番の親孝行だと思います。幸せになるためには、社会のルールを守ることは必須です。社会のルールを破れば、社会に罰せられ、子供自身も不幸になる。
自分を不幸にするような愚かな行動をしたこと、子供の将来を心配させるような行為をしたこと、それが親への苦痛を与える行為だっていうことを分かってほしいですね。

親の側の問題でいうと、家庭で社会のルールに違反したらどうなるかを厳しく叩き込まないと、子供自身が不幸になるとも感じています。そういうルールを子供の時に教わらなかったために道を踏み外したんだろうなという成人の事件を見ると、残念な気持ちになります。なかなか変化していくのは容易ではないです。
1人の父親は100人の教師に勝る。
父親の責任は重大です。

これから、保釈請求書と勾留延長に対する準抗告申立書の起案です!
頑張るぞ!!!


カテゴリー:刑事事件,少年事件 comments(0) 11:56 AM 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

刑事事件・少年事件・逮捕に強い弁護士が所属する日本橋淡青法律事務所
にほんばしたんせい ほうりつじむしょ

〒103-0025
東京都中央区日本橋茅場町1-2-12
共同中央ビル5階52

TEL 03-6231-0762
FAX 03-6231-0763
逮捕されている方のご家族専用緊急連絡先:070-5588-0763