本文へスキップ
逮捕されたら少年事件・刑事事件に特化した弁護士が所属する日本橋淡青法律事務所へ

TEL. 03-6231-0762

〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町1-2-12
共同中央ビル5階52

刑事事件専門 弁護士中澤剛のblog

2014年5月25日

逮捕に強い東京の刑事事件専門弁護士・・・証拠の開示について

author:弁護士 中澤 剛

Aさんを有罪か無罪かを決める裁判の中で,

Aさんにとって有利な証拠が存在するのに,検事はAさんにとって有利な証拠は一切提出することなく,

Aさんにとって不利な証拠だけが裁判所に提出される。

そして,裁判官は,その証拠をもとにAさんの有罪無罪を判断する。

これで,Aさんにとって公正な判断といえるのか。

そもそも,証拠というのは,国民の税金によって集められたもので,検事が独占していいものではありません。

今般の袴田事件でも,検事側が,袴田さんのアリバイを示す証拠を含め,袴田さんに有利な証拠をずっと隠していたことが問題になりました。証拠の捏造が言語道断であることは当然ですが。

法廷は,真実を明らかにする場であり,検事の仕事は,何が何でも被告人を有罪にすることではなく,真実を明らかにすることだと思います。

被告人に有利な証拠を隠すようなやり方は,到底公正なものとはいえません。

公判前整理手続きのおかげで,証拠開示が格段に認められたとはいえ,なにゆえ,全ての証拠を開示しないのか,強い疑問を抱かざるをえないところです。

無論,検事側が,正直に被告人にとって有利な証拠も提出してくれれば問題はありません。
しかし,制度としては,そのような性善説に立脚することなく,悪しき検事がいた場合でも真実発見が担保される制度としなければならないと思います。

証拠は全面的に開示されるべきではないでしょうか。

☆当ブログは,東京都内,千葉県内の刑事事件,少年事件に強い,日本橋淡青法律事務所が運営しております。

 


カテゴリー:刑事事件 comments(0) 6:54 PM 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

刑事事件・少年事件・逮捕に強い弁護士が所属する日本橋淡青法律事務所
にほんばしたんせい ほうりつじむしょ

〒103-0025
東京都中央区日本橋茅場町1-2-12
共同中央ビル5階52

TEL 03-6231-0762
FAX 03-6231-0763
逮捕されている方のご家族専用緊急連絡先:070-5588-0763