本文へスキップ
逮捕されたら少年事件・刑事事件に特化した弁護士が所属する日本橋淡青法律事務所へ

TEL. 03-6231-0762

〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町1-2-12
共同中央ビル5階52

刑事事件専門 弁護士中澤剛のblog

2014年3月28日

逮捕に強い東京の刑事事件専門弁護士中澤剛・・袴田事件

author:弁護士 中澤 剛

再審開始決定が出ましたね。

袴田事件の裁判の経緯を見ても、日本の刑事裁判の実態がよくわかると思います。

ただ批判していても始まりません。

弁護士としても、虚偽の自白を防止するためにやるべきことはなかったのか、弁護活動という意味でも反省と検証が必要です。

それにしても、このような事件が、例外なのか、氷山の一角なのか、どう思われますでしょうか。

多くの人が、こういう冤罪は例外的な事柄で、だいたいの裁判は、キチンとされていると思っているのではないでしょうか。

 以前にこのブログで、刑事弁護人の頑張りで無罪を証明した事件のことを紹介しました(→こちら)。この事件は、たまたま、犯行時刻の数分前に、被疑者の方が高速道路のETCを通過した記録が残っていて、そのETCの通過記録から計算すると、事件発生時刻には絶対に犯行現場に行くことが不可能であることが証明できたため、無罪(公訴取り消し)を勝ち得たことができた事件でした。このETCの証拠を弁護人が執念で見つけ出すことができなければ、確実に、有罪になっていたでしょう。

 袴田さんは、生きているうちに汚名をそそぐことができたのが、せめてもの、本当にせめてもの救いでした。
 今も、この日本では、濡れ衣を着せられ、絶望と屈辱的な思いを抱えたまま、生きており、あるいはそのまま死んでいってしまった人がいるのです。
 声なき声があるのです。

 犯罪は憎むべきものですが、犯罪者を処罰しようとして無実の人を処罰してしまうこと、これはやはりおかしいし、本当にあってはならないことです。
 結局のところ、「多少無罪の人を間違えて有罪にしても、真犯人が証拠不十分で無罪になるよりはマシだから、怪しいヤツは皆有罪にするべきだ」 
 という考え方と、
 「多少真犯人が証拠不十分で無罪になってしまっても、無実の人が間違って有罪になるよりはマシだから、証拠不十分な人は皆無罪にするべきだ」
 という考え方の、どちらを選択するのか、という問題なのです。いうまでもなく、無罪の推定という考え方は、後者に立脚しています。
 しかし、実務は、現実問題、前者で動いています。前者を前提にしたい気持ちは、よくわかります。なぜなら、真犯人を逃すのは許しがたいから。それは誰だってそうでしょう。
 しかし、本当にいいのか、ということです。真犯人は有罪にすべきで、無罪の人は無罪にすべきです。そんなことは当然です。しかし、神様がいないから、よくわからない。よくわからないときに、どうするのかというルールが必要です。そのルールは、前者か後者のいずれかしかないのです。いいとこどりはできないのです。
 どちらかを選べというとき、真犯人を取り逃がす後者よりも、無罪の人の人生をめちゃくちゃにする前者の方が、あってはならないのではないか、というのが私の考えです。無罪の推定という刑事裁判の考え方でもあります。

 冤罪が絶対に起こらないようにするためにどうしたらいいのか、弁護士も、検察官も、裁判官も、そして、裁判所の裁判は間違いなく絶対正しいのだろうと無批判に思っている大多数の人々や国民も、反省が求められると思います。

 ☆当ブログは,東京都内,千葉県内の刑事事件,少年事件に強い,日本橋淡青法律事務所が運営しております。


カテゴリー:刑事事件 comments(0) 1:01 AM 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

刑事事件・少年事件・逮捕に強い弁護士が所属する日本橋淡青法律事務所
にほんばしたんせい ほうりつじむしょ

〒103-0025
東京都中央区日本橋茅場町1-2-12
共同中央ビル5階52

TEL 03-6231-0762
FAX 03-6231-0763
逮捕されている方のご家族専用緊急連絡先:070-5588-0763