本文へスキップ
逮捕されたら少年事件・刑事事件に特化した弁護士が所属する日本橋淡青法律事務所へ

TEL. 03-6231-0762

〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町1-2-12
共同中央ビル5階52

刑事事件専門 弁護士中澤剛のblog

2014年3月30日

逮捕に強い東京の刑事事件専門弁護士中澤剛・・袴田事件その2

author:弁護士 中澤 剛

再び袴田事件について。

この再審決定自体は、素晴らしいことだと思うのですが、私としてなお問題であると感じるのは、結局無罪の証明責任を弁護士側、被告人側が負わされているという実体です。

要するに、再審決定に至ったのは、弁護士側の努力と執念で袴田さんが犯人ではないということを証明できたからであり、無罪の証明を弁護士がしたからです。
そのような証明ができなかったら、やはり再審決定はなかったと思います。

以前もこのブログで書きましたが、この日本に無罪の推定なんてものは存在しないのが現状です。その現状が、今回の事件でもなお、改まってはいないと思います。

いったん、捜査機関が「こいつが犯人だ」と決めつけたら、決めつけられた人は、過酷な取り調べで自白を迫られ、虚偽の自白をしてしまい、起訴されたら裁判官は検事のいうなりで、有罪判決が作られていく。いったん捜査機関に怪しいと思われたら、有罪判決までのベルトコンベアに乗せられてしまう。
そこには、無実の人を犯罪者扱いするという問題と、真犯人を取り逃がすという問題と、二重の問題があります。

こういう冤罪事件のときに必ずと言っていいほどコメントされる元裁判官の木谷明先生は、無罪の推定という原則に忠実な裁判官でした。木谷先生のように、無罪の推定を重視し、生かす刑事裁判がなされなければならないと強く思います。

以前このブログでも書きましたが、無罪の推定は、裁判官に対して説く必要があるのです。

 ☆当ブログは,東京都内,千葉県内の刑事事件,少年事件に強い,日本橋淡青法律事務所が運営しております。


カテゴリー:刑事事件 comments(0) 11:34 PM 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

刑事事件・少年事件・逮捕に強い弁護士が所属する日本橋淡青法律事務所
にほんばしたんせい ほうりつじむしょ

〒103-0025
東京都中央区日本橋茅場町1-2-12
共同中央ビル5階52

TEL 03-6231-0762
FAX 03-6231-0763
逮捕されている方のご家族専用緊急連絡先:070-5588-0763