本文へスキップ
逮捕されたら少年事件・刑事事件に特化した弁護士が所属する日本橋淡青法律事務所へ

TEL. 03-6231-0762

〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町1-2-12
共同中央ビル5階52

刑事事件専門 弁護士中澤剛のblog

2014年4月20日

逮捕に強い東京の刑事事件専門弁護士中澤剛・・・少年審判の種類

author:弁護士 中澤 剛

少年審判には、どのような種類があるでしょうか

大きく分類すると(1)「不処分」,(2)「保護処分」,(3)「検察官送致」の3種類があります。
 
(1)「不処分」とは,少年に対して何の処分もしない場合です。
 1 少年に対する処分の必要性がない場合
 2 少年が非行を行ったと認められない場合
 3 少年の所在が不明の場合
  など、少年に処分を下すことができないときには「不処分」となります。
 
(2)「保護処分」とは,非行のある少年を更生させることを目的としてなされる処分です。

 1 保護観察
 2 少年院送致
 3 児童自立支援施設等送致
の3種類が主なものです。

1の保護観察とは,保護観察所の保護観察に付することで,家庭においたまま,保護観察所の行う指導監督及び補導援護を受けさせることにより,少年の更生を目指すものです。
  原則として少年が20歳に達するまで継続するのですが,保護観察中の態度が良い場合には,それよりも短期間で解除されることがあります。

2の少年院送致とは,少年を少年院に収容して更生を目指すものです。
  少年院には,「初等少年院」(14歳以上16歳未満の者が対象),「中等少年院」(16歳以上20歳未満の者が対象),「特別少年院」(犯罪傾向の進んだ16歳以上23歳未満の者が対象),「医療少年院」(心身に著しい故障のある14歳以上26歳未満が対象)の4種類があります。
  少年院に収容される期間は,一般短期処遇の場合は約6か月から約1年,長期処遇の場合は原則2年以内(例外的に1年を限度に延長が認められる)とされています。

3の児童自立支援施設等送致とは,比較的年齢の低い少年を児童自立支援施設に入所させて更生を目指すものです。

(3)「検察官送致」とは,14歳以上の少年について刑事裁判によって処罰するのが相当と判断された場合や被害者を死亡させた場合など、重大事件の場合に,事件を検察官に送致した上で,少年に成人と同じ裁判を受けさせることを言い,一般には「逆送」と呼ばれています。

☆当ブログは,東京都内,千葉県内の刑事事件,少年事件に強い,日本橋淡青法律事務所が運営しております。
 


カテゴリー:少年事件 comments(0) 9:54 PM 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

刑事事件・少年事件・逮捕に強い弁護士が所属する日本橋淡青法律事務所
にほんばしたんせい ほうりつじむしょ

〒103-0025
東京都中央区日本橋茅場町1-2-12
共同中央ビル5階52

TEL 03-6231-0762
FAX 03-6231-0763
逮捕されている方のご家族専用緊急連絡先:070-5588-0763