本文へスキップ
逮捕されたら少年事件・刑事事件に特化した弁護士が所属する日本橋淡青法律事務所へ

TEL. 03-6231-0762

〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町1-2-12
共同中央ビル5階52

刑事事件専門 弁護士中澤剛のblog

2014年2月28日

逮捕後,逮捕状を捜査段階で見ることができるか・・・逮捕に強い東京の刑事事件専門弁護士中澤剛

author:弁護士 中澤 剛

先日,刑事事件をあまりやっていない友人の弁護士から,逮捕状を見れるのか,という質問を受けました。

結論は,見ることはできません。起訴され,証拠開示された時に初めて見ることができます。

かつては,関西地域では,事実上逮捕状の謄本を交付していたようです。

しかし,現在,そのような運用はなされておりません。

勾留状については,刑事訴訟法規則74条で,被告人に勾留状謄本の交付請求権が認められています。
被疑者段階についても,刑訴規則302条が規則74条を準用している形で,勾留状謄本請求権が認められています。

これと異なり,逮捕状については,謄本を交付することを許容する規定が存在しません。

人を逮捕するという重大な不利益処分を課すのに,その根拠となる令状を交付もしないというのは,はなはだ疑問があり,なんとか,運用を変えたいところです。

現状では,なぜ逮捕されているのかを知るには,本人からの聴取による他ありませんが,正確な被疑事実を知るのは,勾留を待たなければならないこととなります。

☆当ブログは,東京都内,千葉県内の刑事事件,少年事件に強い,日本橋淡青法律事務所が運営しております。


カテゴリー:刑事事件 comments(0) 6:04 PM 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

刑事事件・少年事件・逮捕に強い弁護士が所属する日本橋淡青法律事務所
にほんばしたんせい ほうりつじむしょ

〒103-0025
東京都中央区日本橋茅場町1-2-12
共同中央ビル5階52

TEL 03-6231-0762
FAX 03-6231-0763
逮捕されている方のご家族専用緊急連絡先:070-5588-0763